サッカー ポーランド代表について

スポンサーリンク

IMG_6789.jpg

今回はサッカーについて!!



さて、ワールドカップロシア大会開幕まで 1 週間となりました。


日本では、大会 2 ヵ月前の突然の代表監督解任劇が世間で大きな波紋を呼びました。


ワールドカップは、1930 年から始まり、4 年に 1 度開催される世界一のサッカーの祭典で、各大陸の予選で勝ち進んだ国々と開催国の 32 チームが対戦します。 (* 2022 年カタール大会からは出場枠が 48 ヵ国に拡大)


経済効果は、オリンピックを凌ぎ世界最大のスポーツのイベントといわれています。


優勝賞金は 3800 万ドル、準優勝のチームには 2800 万ドル、3 位には 2400 万ドル、4 位には 2200 万ドル、ベスト 8 には 1600 万ドル、ベスト 16 には 1200 万ドル、グループリーグ敗退国も、 800 万ドル受け取ることができ、また、全出場チームには 150 万ドルが経費として支給されます。


現在、僕はポーランドにいることもあり、今回はポーランド代表について記事を書いていきます。











ポーランド代表について



今回のワールドカップで日本は、ポーランド、コロンビア、セネガルと同じグループ H 組に入りました。


なので、皆さんもご存じかとは思いますが、ポーランドと日本はグループリーグの最終戦で対戦します。


ポーランドは、3 大会ぶり 8 度目の出場となります。




FIFAランキング


8 位 

*2018 年 6 月 7 日発表



W杯出場歴と最高成績


3 位 (1974 年・1982 年)

ベスト 16 (1986 年)

2 次リーグ敗退( 1978 年)

グループリーグ敗退 (2002 年・2006 年)

1 回戦敗退(1938年)


*大会によりレギュレーションが異なる




欧州予選の結果


1.☆ポーランド(25)+14
2.★デンマーク(20)+12
3.モンテネグロ(16)+8
4.ルーマニア(13)+2
5.アルメニア(7)-16
6.カザフスタン(3)-20



今回ワールドカップに出場するデンマークやモンテネグロといった強豪国を抑え、8 勝 1 分け 1 敗と、圧倒的な強さで首位通過。




愛称


赤い閃光白鷲




W杯登録メンバー


GK
1 ボイチェフ・シュチェスニ (ユベントス)
12 バルトシュ・ヴャウコフスキ (イプスウィッチ)
22 ルカシュ・ファビアンスキ (スウォンジー)

DF
2 ミハウ・パズダン (レギア・ワルシャワ)
3 アルトゥール・イェンドジェイチク (レギア・ワルシャワ)
4 チアゴ・チョネク (SPAL)
5 ヤン・ベドナレク (サウサンプトン)
15 カミル・グリク (モナコ)
18 バルトシュ・べレシンスキ (サンプドリア)
20 ルーカス・ピシュチェク (ドルトムント)

MF
6 ヤチェク・ゴラルスキ (ルドゴレツ)
8 カロル・リネティ (サンプドリア)
10 グジェゴシュ・クリホビアク (WBA)
11 カミル・グロシツキ (ハル・シティ)
13 マチェイ・リブス (ロコモティフ・モスクワ)
16 ヤクブ・ブワフスチコフスキ (ヴォルフスブルク)
17 スワボミル・ペシュコ (レヒア・グダニスク)
19 ピオトル・ジエリンスキ (ナポリ)
21 ラファウ・クルザワ (グルニク・ザブジェ)

FW
7 アルカディウシュ・ミリク (ナポリ)
9 ロベルト・レバンドフスキ (バイエルン・ミュンヘン)
14 ウカシュ・テオドルチュク (アンデルレヒト)
23 ダビド・ゴブナツキ (サンプドリア)

監督  アダム・ナバウカ (2013 年 10 月~)



ポーランド国外のクラブでプレーをする選手が多く、中でもポーランドの大エース ロベルト・レバンドフスキは、ドルトムント時代に香川真司とプレーをしており、ドルトムント時代を含めると 6 度のブンデスリーガ優勝に貢献し、得点王に 3 度輝いています。

また、代表でも 93 試合に出場し 52 得点を挙げており、これは歴代最多得点となっており、
*2018 年 6 月 7 日現在

欧州予選では、チームの総得点(28 得点)の半分以上の 16 得点を挙げ、W杯欧州予選の最多得点の記録を更新しました。

まさに世界を代表するストライカーです。

基本的なフォーメーションは、4-2-3-1 ですが、去年の 11 月から 守備時には 5 バックになる 3-4-3 も導入しています。

欧州予選では、出場権を得た 13 チームの中で最多の 14 失点を記録しており、守備面でのもろさを露呈する結果になりました。

レバンドフスキの存在が大きすぎるがゆえ、レバンドフスキ、ビシュチェク、ジエリンスキなど主力のコンディションがカギを握っているといっても過言ではないでしょう。



おわりに



グループリーグH に所属する全チームにW杯優勝経験がなく、コロンビアが頭一つ抜けている感がありますが、何が起こるか分かりません。


ただ、2016 年のユーロでベスト 8 に入り、近年急激に成長しているポーランドではありますが、約 30 年 W杯ではいい成績を残せていません。


ポーランドと日本が決勝トーナメントに進出できるよう精一杯応援したいと思います。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:はせとすー

全記事表示リンク

タグクラウド

ワーホリ ワーキングホリデー ポーランド ワルシャワ ウクライナ リヴィウ サッカー セネガル オーストラリア バス 購入 レギア・ワルシャワ ビクトリア ポーランド語 アフリカ  ポーランド代表 SIMカード チェンマイ タイ カフェ バー レストラン ビザ W杯 ワールドカップ 大衆食堂 クリスマス アウトレット クラクフ 電車 ビール 部屋探し ローカルフード ピエロギ マナー 文房具屋 旧王宮博物館 ワルシャワ蜂起博物館 語学学校 仕事探し 近況報告 レジデンスカード 世界遺産 旧市街・新市街 地下鉄 公共の交通機関 トラム ポーランド・ユダヤ人歴史博物館 国立競技場 ノート マレーコッドフィッシュ 情報 ダカール 申請方法 保険 ラマダン イスラム教 文化 時間 散髪 登録 カット 申請 価値観 断食 航空券 ワルシャワ歴史博物館 ワルシャワ・ショパン空港 図書館 Warsaw Public ワルシャワ・ゲットー 携帯電話 エレファントキャンプ ゾウ ナイトサファリ 動物園 釣り Library 市場 グリル 個性的 マゾカフェ  地ビール 日本語 リチャキフ墓地 ボルシチ ウクライナ料理 BBQ ピクニック 飲酒 公園 フットサルコート イミグレーション サッカーコート 家庭教師 アミューズメント施設 レバノン料理 フードフェスティバル ホットチョコレート レバンドフスキ W杯メンバー プラガ地区 ショッピングモール ウェデル リバプール Allegro ボウリング 通販サイト オンラインショッピング チャンピオンズリーグ ビリヤード ビーチ  サッカー観戦 銀行口座の開設方法 ポーランド人 ポーランド人の名前 ポーランドでの生活 アイススケート クリスマスツリー ヒンドゥー教 ワルシャワ大学図書館 翻訳家 トランスレータ― フリーランス 気候 ベトナム人 Bakalarska コロンビア ワジェンキ公園 大晦日 ポーランド南西部  チェコ Bolkow PolskiBus ミルクバー ポーランド料理 Karpacz Sniezka 文化科学宮殿の展望台 新年 文化科学宮殿 ポーランドの美容室 ワルシャワ山 言語 定期券 

アクセスカウンター

にほんブログ村

海外ブログ

FC2 ブログランキング