ヒンドゥー教の寺院

スポンサーリンク

4c749a5b45a61ecc7933e26c70725107_s.jpg

ヒンドゥー教の寺院!!


先日、ワルシャワにあるヒンドゥー教の寺院に行ってきました。


これまで、インド人の友人はあまりおらず、インドやヒンドゥー教について知らないことがたくさんありましたが、現在、インド人と部屋をシェアしており、インド人や宗教について深く知る、良い機会になっています。


まずは、ヒンドゥー教を簡単に説明していきます。


ヒンドゥー教とは?

主にインドを中心に信仰されており、信者数がインド国内で 8 億人以上、キリスト教、イスラム教に次ぐ世界で 3 番目に大きな規模を誇る宗教です。
経典はヴェーダでバラモン教から受け継がれている。また、講義としてのヴェーダは、サンヒター(本集)、ブラーフマナ(祭儀書、梵書)、アーラニヤカ(森林書)、ウパニシャッド(奥義書)の 4 部に分類されている。
創始者は不明で、ヴェーダなどがまとめられ、バラモン教と現地の宗教が混ざり合う形で自然に形を整えていった。
日本の神道と同じく、多神教で、最高位は、ヴィシュヌ、シヴァ、ブラフマーである。
それぞれの神が妻を持っており、化身としての姿で人間界で活躍したり、乗り物として動物を用いている。
そのため、大きな鳥や牛や象は聖なる動物として保護されている。
また、仏教の創始者である釈迦もヴィシュヌ神の 9 番目の化身とされている。
死後はこれまで行ってきた行動によりカルマ(業)が生じ、そのカルマによって来世が決まるとされ、良い生を送れば来世は身分の高い人間に生まれ、逆に悪い生を送れば、動物として生まれるとされている。
また、遺体は火葬してガンジスの流れに返すべきと考えられている。
イスラム教のように偶像崇拝が禁じられている宗教もあるが、ヒンドゥー教では偶像崇拝が認められており、多くの神像が作られている。
ヒンドゥー教は、不殺生の考えを持ち、牛乳やバターなどの乳製品は飲食が可能であるが、食肉は敬遠され、牛肉は禁止されている。鶏肉や羊肉なども食されるが、不殺生の考えから、菜食主義者が多い。
仏教に大きな影響を与えているヒンドゥー教であるが、仏教との大きな違いはカーストであると言われている。
一般的に、仏教では、人間は誰しも仏心を有しており、努力次第で誰もが悟りを開き仏になれるとされており、カースト制度を認めていない。生まれによって人の価値が決まる(カースト)バラモン教に対して疑問を抱いた釈迦によって開かれたのが仏教です。
インド国内では、カースト制度による差別が大きな問題となっていましたが、現在では昔ほど強く残っておらず、カーストに関係なく出世する人や、また、 IT 関連の仕事は新しく生まれた職業のためカーストに属しておらず、身分に関係なく仕事に就けることから、インドでは IT 関連の仕事が急速に成長している。




ざっと、書きました。


インド人は信仰心が深く、宗教をとても大切にします。


寺院でも、数多くのインド人が参拝に訪れていました。


信仰心は特に年配の方が深く、友人の両親は毎日寺院に行き参拝をしていると言っていました。


日曜日はもっとも大切な日で、若い人も多く参拝に訪れるようです。


寺院は、中心部からトラムとバスを利用して、約40 分のところに位置します。



IMG_6655[1]
外観


IMG_6657[1]
内観


IMG_6656[1]
参拝の仕方


ヒンドゥー教の参拝では、まず、靴や靴下を脱ぎ、裸足になります。


そして、ターバンや布で頭を覆います。


これらの行為は神様への尊敬を表すためだと友人が言っていました。


準備が出来たら、手を洗います。


日本人が神社で参拝時に体を清めるのと同じように、ヒンドゥー教でも、独自の決まりがあります。


そして、礼拝場へ。


礼拝場に到着したら、軽く一礼をし、日本の神社のようにお賽銭箱のような入れ物があるので、お金を奉納します。


そして、一礼し、願い事を暗唱します。


最後に地面に頭をつけ、再び礼をして、空いている席に座り、お経を聞きます。


お経が終わりに近づくと、小麦粉で練った甘いお菓子のようなものを頂いたので、お経を読んでいる最中に食します。


全てが終わったら、一礼し、参拝は終了です。


参拝後は併設されている食堂に行き、カレーやチャパティなどインド料理をご馳走になりました。


このような形で、ヒンドゥー教に触れられると思っていなかったのでとてもいい経験になりました。


参拝に関しても仏教と似ている部分がいくつかあり、親近感が湧くと同時に、もっと知りたいという気持ちが強くなりました。


他の国に比べると日本では、宗教について強く意識することがあまりないかと思いますが、例えば、神様や仏様のことを信じ、人のことを考えて行動したり、夏になるとお祭りに行ったり、正月に初詣に行ったり、生活の中のあらゆるところで自然と根付いています。


仏教や神道についてもまだまだ知らないことが多いので、もっと知識を深めていきたいです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:はせとすー

全記事表示リンク

タグクラウド

ワーホリ ワーキングホリデー ポーランド ワルシャワ ウクライナ リヴィウ サッカー セネガル オーストラリア バス 購入 レギア・ワルシャワ ビクトリア ポーランド語 アフリカ  ポーランド代表 SIMカード チェンマイ タイ カフェ バー レストラン ビザ W杯 ワールドカップ 大衆食堂 クリスマス アウトレット クラクフ 電車 ビール 部屋探し ローカルフード ピエロギ マナー 文房具屋 旧王宮博物館 ワルシャワ蜂起博物館 語学学校 仕事探し 近況報告 レジデンスカード 世界遺産 旧市街・新市街 地下鉄 公共の交通機関 トラム ポーランド・ユダヤ人歴史博物館 国立競技場 ノート マレーコッドフィッシュ 情報 ダカール 申請方法 保険 ラマダン イスラム教 文化 時間 散髪 登録 カット 申請 価値観 断食 航空券 ワルシャワ歴史博物館 ワルシャワ・ショパン空港 図書館 Warsaw Public ワルシャワ・ゲットー 携帯電話 エレファントキャンプ ゾウ ナイトサファリ 動物園 釣り Library 市場 グリル 個性的 マゾカフェ  地ビール 日本語 リチャキフ墓地 ボルシチ ウクライナ料理 BBQ ピクニック 飲酒 公園 フットサルコート イミグレーション サッカーコート 家庭教師 アミューズメント施設 レバノン料理 フードフェスティバル ホットチョコレート レバンドフスキ W杯メンバー プラガ地区 ショッピングモール ウェデル リバプール Allegro ボウリング 通販サイト オンラインショッピング チャンピオンズリーグ ビリヤード ビーチ  サッカー観戦 銀行口座の開設方法 ポーランド人 ポーランド人の名前 ポーランドでの生活 アイススケート クリスマスツリー ヒンドゥー教 ワルシャワ大学図書館 翻訳家 トランスレータ― フリーランス 気候 ベトナム人 Bakalarska コロンビア ワジェンキ公園 大晦日 ポーランド南西部  チェコ Bolkow PolskiBus ミルクバー ポーランド料理 Karpacz Sniezka 文化科学宮殿の展望台 新年 文化科学宮殿 ポーランドの美容室 ワルシャワ山 言語 定期券 

アクセスカウンター

にほんブログ村

海外ブログ

FC2 ブログランキング