時間に対する価値観の違い

スポンサーリンク

f3ccdefe55afb1ab551893a95061db3a_s.jpg

時間よりも大切なこと?


セネガルと日本の大きな違いの1つに、時間に対する考え方の違いがあげられます。


他の国も比較的時間に寛容でした。日本がしっかりしすぎてると思うくらい。


僕は3ヶ月間、セネガル人のお宅にホームステイをしていました。


そこでは、ご飯を食べる時間がアバウトで、お腹が空いたら食べるといったような感じで、例えば、夕食の時間が前日は19時だったのに、今日は23時だったといったようなことも多々ありました。


コンサートに行った際も、開始時間が21時なのに、1時間半後に開始したり。日本だと電車が少し遅れただけでも大騒ぎになったりするのに、観に来ていたセネガル人もあたかもこれが当たり前のように立ち振る舞っていたことも衝撃でした。


もちろん、バス停に時刻表なんてものはなく、自分が行きたい方面のバスが来るまで待つだけでした。ちなみに乗車券はバス内にカウンターがあり、そこで購入できます。


IMG_5177[2]_convert_20170913114911
バスに乗車した際の写真



家庭教師を呼びフランス語の授業を受けていた際も、先生が時間通りにこないことは当たり前のようにありました。


ここまで、時間にルーズなのもどうなのかと思うことはありましたが、時間に縛られないからこそ、みんな陽気で親切なんだと思いました。


セネガルでは時間よりも、幸せでいること、平和であることが大切とされています。


時間に対する考え方、捉え方はその国の国民性に大きく影響を及ぼしていると思います。


僕が専門学生だった頃に「1度の遅刻がすべてを台無しにする。」と恩師から言われたことを今でも覚えています。


ときには信頼関係を損なうほど、日本では、時間を守ることはとても重要なものだとされています。


時間を大切にする日本人だからこそ、物事をしっかりと考え、段取りができるのだと思います。


でも、常に時間にとらわれるということは、同時に自然と膨大なストレスを抱えているということになると思います。


今思えば、日本で働いていたころ、僕もずっと時間に追われていたような気がします。


時間内終わらせなきゃいけないけど、そこばかりにとらわれて、イライラして、人を傷つけて・・・


心に余裕がなかったように感じます。


時間に対する考え方のように、価値観は国や宗教、人などによって違います。


自分の中で当たり前だと思っていたことが当たり前じゃない。なんてことはたくさんあります。


僕は、様々な国を訪れる中で、その違いを受け入れることが大切なんだと思いました。


スポンジのような吸収力を身につけたいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:はせとすー

全記事表示リンク

タグクラウド

ワーホリ ワーキングホリデー ポーランド ワルシャワ 購入 ビクトリア セネガル オーストラリア サッカー ポーランド語 レギア・ワルシャワ アフリカ  アウトレット タイ バス SIMカード 大衆食堂 バー 電車 クリスマス チェンマイ クラクフ ビザ Library ポーランド・ユダヤ人歴史博物館 Public 図書館 ワルシャワ・ショパン空港 ワルシャワ歴史博物館 カット Warsaw ローカルフード 登録 ビール 文房具屋 部屋探し マナー ピエロギ 散髪 申請 価値観 情報 ノート ゾウ 航空券 申請方法 イスラム教 ラマダン 断食 エレファントキャンプ ナイトサファリ マレーコッドフィッシュ 時間 ワルシャワ・ゲットー 釣り 文化 動物園 ダカール 保険 トラム ポーランドの美容室 文化科学宮殿 言語 ワルシャワ山 Sniezka 文化科学宮殿の展望台 新年 クリスマスツリー ポーランドでの生活 アイススケート ワジェンキ公園 大晦日 Karpacz チェコ  ポーランド代表 ビーチ 飲酒 ピクニック ミルクバー ポーランド料理  ポーランド南西部 Bolkow PolskiBus ポーランド人の名前 サッカー観戦 ワルシャワ蜂起博物館 語学学校 仕事探し 近況報告 レジデンスカード 世界遺産 旧市街・新市街 地下鉄 BBQ 旧王宮博物館 国立競技場 携帯電話 定期券 ワルシャワ大学図書館 Bakalarska ヒンドゥー教 ポーランド人 銀行口座の開設方法 市場 ベトナム人 フリーランス トランスレータ― 翻訳家 気候 公共の交通機関 

アクセスカウンター

にほんブログ村

海外ブログ

FC2 ブログランキング