ポーランドのワーキングホリデービザ申請方法

スポンサーリンク

75cf4dc938c60c9d356ff21728eea89e_s.jpg

先日、ポーランドのワーキングホリデービザの申請に行ってきたので、申請方法の詳細を記載します。


まずは資格要件から


資格要件

(1) 査証申請時に日本国内に居住していること。

(2) ポーランド入国の主たる目的が休暇であること。

(3) 査証申請時の年齢は満18歳から満30歳の誕生日を迎える前日までとする。

(4) 申請者に被扶養者が同行しないこと。

(5) 有効な旅券を所持していること。(下記の要件を満たしていること。)

(6) 往復航空券の購入を証明できること。(詳細は下記参照)

(7) ポーランド滞在の当初の期間に必要な生活費として、少なくとも2000米ドル相当額を所持すること。

(8) 査証の有効期限に従い、ポーランドを出国すること。

(9) 「ワーキング・ホリデー」査証でポーランドに滞在中、査証の種類を変更しないこと。

(10) 過去にポーランドの「ワーキング・ホリデー」査証を取得したことが無いこと。

(11) 良好な健康状態にあること。

(12) 健康保険に加入する意思があること。(就労しない場合は、任意保険に加入すること。就労する場合は「ワーキング・ホリデー制度を利用する日本人の方のためのポーランド滞在に関する情報」を参照)



ビザ申請時に必要な書類(まずは必要書類を準備しましょう。)


必要書類

a) 日本国旅券(残存有効期間が少なくとも 1年3ヶ月以上あり、見開き2ページ以上未使用であること)

b) 査証申請書(3,5x4,5 cmの6ヶ月以内に撮影された写真1枚)

⇒査証申請書はこちらから作成出来ます。
e-Konsulatホームページ

査証申請書作成時に申請日を選択できます。オーストラリアやニュージーランドのワーキングホリデービザはインターネット上からビザの申請、取得が可能ですがポーランドのワーキングホリデービザの申請は直接大使館に出向き申請、取得する必要があります。
申請日について、査証申請書作成時に申請日を選択可能と述べましたが、僕の場合は早くて1ヶ月先での予約しか選択できませんでした。なるべく早く申請したいと思い大使館に問い合わせたところ、必要書類が揃っていれば申請日よりも早い日程での申請が可能(査証申請受付時間内に来館すること)とのことで、査証申請書作成の2日後に申請しました。

⇒証明写真について
3,5x4,5 cmの6ヶ月以内に撮影された写真(1枚と記載されてますが2枚必要です)
カラー、背景無地、6ヶ月以内に撮影されたもの。顔のサイズが全体の70%〜80%で頭上から肩の上部まで写っているもの(顔が髪で隠れていないこと)。帽子、スカーフ等、頭をおおうもの、サングラスは着用不可。
申請時に自分の他にもビザ申請で大使館に来ている方がいましたが、写真の顔のサイズ比率が規定通りでなかったため、再度写真を作成しに行ってました。
ちなみに僕はスマホで撮影したものをコンビニのプリンターでプリントしました。200円ぐらいでできます。



c) ワーキング・ホリデー制度利用に際しての動機作文(A4用紙1枚、書式自由、日本語・英語・ポーランド語のうちいずれかの言語で作成すること)

他の国のワーキングホリデービザを取得する際に動機作文が必要な場合がありますが、作成する際に主たる目的を仕事や留学と記入してしまうと、審査に通らないこともあるようです。
休暇が主たる目的になるように作成した方が無難です。

d) 購入済みの往復航空券、旅行会社あるいは航空会社発行の往復航空券予約確認書、航空券を購入するのに十分な資金を有する証明書類(次項eを参照)のうちいずれか一つ

*査証申請時に航空券を購入している必要はありません。

*査証手続きの遅延、査証の発給拒否等により、購入済みの往復航空券が使用できなくなった場合においても、駐日ポーランド大使館は一切の補償を致しません。



e) 直近3ヶ月の預金高を証明する書類

*預金口座通帳(確認用)とその写し(提出用)もしくは銀行からの預金残高証明書

予約済みの往復航空券を所持していない人は4000米ドル(所持している人でも初期滞在費用として2000米ドル以上を有する証明書が必要)ぐらいあれば大丈夫だと思います。

f) 滞在計画書(日本語・英語・ポーランド語のうちいずれかの言語で作成すること)

⇒滞在中にどんな所に行って、どんなことをするのか、何がやりたいか、などなど、僕は大まかな一年間の計画表を作成しました。

g) 滞在の当初の期間をカバーする海外旅行保険加入証明書、およびその後の任意健康保険への加入もしくは海外旅行保険の期間延長の意志を表明した署名入りの宣誓書(事前に滞在全期間をカバーする保険に加入した場合は必要ありません。)

⇒クレジットカードの付帯保険でも大丈夫です。
僕は楽天のクレジットカードを所持しているので、こちらから海外旅行保険加入証明書を発行し提出しました。
クレジットカードの裏に記載されているお問い合わせ先に電話をし、保険会社に繋いでもらいます。
海外旅行保険加入証明書の発行を依頼してから3日後に郵送で届きました。

ただ、保険適用が渡航日より3ヶ月間しかカバーできないため、僕は宣誓書を作成しました。


*上記のほかに、追加書類の提出もしくは面接を要求されることがあります。







こちらが駐日ポーランド共和国大使館⇩
IMG_5134_convert_20170911164558.jpg


最寄り駅は恵比寿駅と目黒駅でそれぞれ徒歩15分ぐらい


警備員がいないことに驚き。オーストラリアにある日本国領事館に行ったときは入館の際に電子機器等の持ち込みが禁止で持ち物検査もありました。


手続きは10分ほど。面接はありませんでした。


7~10日後に連絡を頂けるそうなので、気長に待ちます。


書類作成、準備などオーストラリアのワーキングホリデービザと比べると取得に少し手間がかかります。


なんといっても、申請時と取得時に東京まで足を運ばなくてはいけないので、東京から遠い地域にお住まいの方にとっては大変です。


ただ、申請に際して健康診断を受けなくてもいいので、その点は有り難いです。


ビザ取得次第報告したいと思います。





追伸


無事、ビザが発給されたので、後日、大使館まで受け取りに行ってきました!!
→→ビザが発給されました!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:はせとすー

全記事表示リンク

タグクラウド

ワーホリ ワーキングホリデー ポーランド ワルシャワ ウクライナ リヴィウ サッカー セネガル オーストラリア バス 購入 レギア・ワルシャワ ビクトリア ポーランド語 アフリカ  ポーランド代表 SIMカード チェンマイ タイ カフェ バー レストラン ビザ W杯 ワールドカップ 大衆食堂 クリスマス アウトレット クラクフ 電車 ビール 部屋探し ローカルフード ピエロギ マナー 文房具屋 旧王宮博物館 ワルシャワ蜂起博物館 語学学校 仕事探し 近況報告 レジデンスカード 世界遺産 旧市街・新市街 地下鉄 公共の交通機関 トラム ポーランド・ユダヤ人歴史博物館 国立競技場 ノート マレーコッドフィッシュ 情報 ダカール 申請方法 保険 ラマダン イスラム教 文化 時間 散髪 登録 カット 申請 価値観 断食 航空券 ワルシャワ歴史博物館 ワルシャワ・ショパン空港 図書館 Warsaw Public ワルシャワ・ゲットー 携帯電話 エレファントキャンプ ゾウ ナイトサファリ 動物園 釣り Library 市場 グリル 個性的 マゾカフェ  地ビール 日本語 リチャキフ墓地 ボルシチ ウクライナ料理 BBQ ピクニック 飲酒 公園 フットサルコート イミグレーション サッカーコート 家庭教師 アミューズメント施設 レバノン料理 フードフェスティバル ホットチョコレート レバンドフスキ W杯メンバー プラガ地区 ショッピングモール ウェデル リバプール Allegro ボウリング 通販サイト オンラインショッピング チャンピオンズリーグ ビリヤード ビーチ  サッカー観戦 銀行口座の開設方法 ポーランド人 ポーランド人の名前 ポーランドでの生活 アイススケート クリスマスツリー ヒンドゥー教 ワルシャワ大学図書館 翻訳家 トランスレータ― フリーランス 気候 ベトナム人 Bakalarska コロンビア ワジェンキ公園 大晦日 ポーランド南西部  チェコ Bolkow PolskiBus ミルクバー ポーランド料理 Karpacz Sniezka 文化科学宮殿の展望台 新年 文化科学宮殿 ポーランドの美容室 ワルシャワ山 言語 定期券 

アクセスカウンター

にほんブログ村

海外ブログ

FC2 ブログランキング