イスラム教について

スポンサーリンク

00dce88ab07e7fbcf31704fd4c2ce4e0_s.jpg

今回はイスラム教について!!


セネガルはイスラム教徒が人口の94%を占め、至るところにモスク(礼拝場)があります。


IMG_5223[1]
ダカールのモスク その1

IMG_5224[1]
ダカールのモスク その2



みなさんはイスラム教についてどのようなイメージをお持ちでしょうか??

中には、イスラム教=テロや危ないといったイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

日本にはイスラム教徒が少なく、彼らの情報を入手する機会があまり多くないかと思います。

ということで、イスラム教について簡単に説明していきたいと思います。







イスラム教

7世紀の初めに預言者ムハンマドによって開かれた一神教で信者数はキリスト教に次いで多く、全世界に約17億人いるとされる。
キリスト教ではイエス・キリストが神の子・神として崇拝されているが、ムハンマドは神ではなく、あくまでも人である。
偶像崇拝が禁止とされており、人々はムハンマドを尊敬しているが、崇拝してはいけない。
コーラン(聖書のようなもの)に守るべき道徳・論理、生活などすべてが記載されており、コーランが国の法律になっている国もある。
ちなみに、コーランとは声に出して読むべきものという意味で、音読しなくてはならない。
コーランに従い、正しく生活を送ったものは来世、天国で祝福をうけ、そうでないものは、地獄で永遠の責め苦が待ちうけているとされる。



イスラム教で禁止されていること

・故意に人命を奪うこと
・盗み
・売買における不正行為
・賭け事
・飲酒
・豚肉や豚肉製品を食べること
・血の飲食
・死肉やイスラムの教義に則った屠畜方法以外で処理された肉を食べること

*他にも多数ありますが割愛させていただきます



宗派の違い(指導者に対する考え方の違い)

スンニ派 
・指導者はムハンマドの子孫でなくてもよく、これまでの慣習を重んじるという考え
・イスラム教徒の約85%を占める
・サウジアラビアなどが位置するアラビア半島やアフリカなどに広がる


シーア派
・ムハンマドの子孫がイスラムの指導者という考え
・イスラム教徒の約15%を占める
・イランやその周辺を中心とする



六信五行
アラー(神)、天使、コーラン、預言者(ムハンマド)、来世、予定を信じ5つの義務行うこと。

五行

信仰告白
「アラーの他に神なし、ムハンマドは神の使いなり。」と証言すること

礼拝
1日5回、キプラ(メッカのカーバ神殿)に向かって礼拝すること

喜捨
収入の一部を貧しい人に施すこと

断食(ラマダン)
ヒジュラ歴の第9月に、約1ヶ月間、日中に飲食や性行為を慎むこと
(妊婦や子供など、断食が困難な場合はしなくてもよい。また、事情がありできない場合は別日に行う)

巡礼
可能であれば(経済・肉体的)巡礼月の8日から10日の時期を中心に、メッカのカーバ神殿に巡礼に行くこと







僕がセネガルに行ったときは、ちょうどラマダンの時期で、イスラム教を知る良い機会になると思い、約1ヶ月間ラマダンをを経験しました。

ラマダンは僕にとって、とても過酷で、早朝にできるだけ、水や食料を摂取しますが、毎日お昼を過ぎたあたりから、空腹とのどの渇きとの闘いになります。

集中力もやる気もなくなってきて、後半はボーっとするのがやっとの状態になります。なによりも、水分が摂取できないことがこんなにも大変で、苦しいとは思いませんでした。

人間は欲の塊です。

欲を抑えることの大変さ、当たり前のように制限なく水が飲めるありがたさ、食べることができるありがたさ、また、貧しい人がどんな思いをしているのか感じることができました。

ラマダンを通してセネガル人と触れ合う機会が増え、さらに仲良くなれた気がします。

郷に入っては郷に従えということわざがあるように、相手のことを理解するためにも、積極的に相手の文化や生活に飛び込んでいくことの大切さを学びました。

また、セネガルに行く前は、イスラム教についてよく知らずに、誤った認識をしていました。

近年、イスラム教のごく一部の組織や人の偏った解釈によって、テロがたくさん起きています。

でも、セネガルの国民性に象徴されるように、イスラム教は平和を重んじる宗教です。

宗教や文化を理解し合うことで、少しでも平和な世の中になればと思います。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:はせとすー

全記事表示リンク

タグクラウド

ワーホリ ワーキングホリデー ポーランド ワルシャワ ウクライナ リヴィウ サッカー セネガル オーストラリア バス 購入 レギア・ワルシャワ ビクトリア ポーランド語 アフリカ  ポーランド代表 SIMカード チェンマイ タイ カフェ バー レストラン ビザ W杯 ワールドカップ 大衆食堂 クリスマス アウトレット クラクフ 電車 ビール 部屋探し ローカルフード ピエロギ マナー 文房具屋 旧王宮博物館 ワルシャワ蜂起博物館 語学学校 仕事探し 近況報告 レジデンスカード 世界遺産 旧市街・新市街 地下鉄 公共の交通機関 トラム ポーランド・ユダヤ人歴史博物館 国立競技場 ノート マレーコッドフィッシュ 情報 ダカール 申請方法 保険 ラマダン イスラム教 文化 時間 散髪 登録 カット 申請 価値観 断食 航空券 ワルシャワ歴史博物館 ワルシャワ・ショパン空港 図書館 Warsaw Public ワルシャワ・ゲットー 携帯電話 エレファントキャンプ ゾウ ナイトサファリ 動物園 釣り Library 市場 グリル 個性的 マゾカフェ  地ビール 日本語 リチャキフ墓地 ボルシチ ウクライナ料理 BBQ ピクニック 飲酒 公園 フットサルコート イミグレーション サッカーコート 家庭教師 アミューズメント施設 レバノン料理 フードフェスティバル ホットチョコレート レバンドフスキ W杯メンバー プラガ地区 ショッピングモール ウェデル リバプール Allegro ボウリング 通販サイト オンラインショッピング チャンピオンズリーグ ビリヤード ビーチ  サッカー観戦 銀行口座の開設方法 ポーランド人 ポーランド人の名前 ポーランドでの生活 アイススケート クリスマスツリー ヒンドゥー教 ワルシャワ大学図書館 翻訳家 トランスレータ― フリーランス 気候 ベトナム人 Bakalarska コロンビア ワジェンキ公園 大晦日 ポーランド南西部  チェコ Bolkow PolskiBus ミルクバー ポーランド料理 Karpacz Sniezka 文化科学宮殿の展望台 新年 文化科学宮殿 ポーランドの美容室 ワルシャワ山 言語 定期券 

アクセスカウンター

にほんブログ村

海外ブログ

FC2 ブログランキング